「レースの世界で世界一を目指す」 Sum(サム)こと小原康二が愛情を込めてつくった玄米。「侍's」(サムライス)

Sumを応援「侍’s」

 小原康二(Sum)が世界一になる 

 
いつも応援してくださり、ありがとうございます(^^)
 
私サムが、この3年で「レースの世界で世界一になる」と声にしています夢、目標に応援してくださいませんか。
 
スタートして1カ月半が経とうとしておりますが、絶対的スピードが不足しております。
それを補い、さらに磨く為には、練習、つまり走り込まないといけないです。
そこには「お金」が必要になります。
今の私が自信を持って応援してくださる方々にお返し出来るものはないか、と考えたとき、無肥料無農薬で真心込めて栽培した米があることに気づきました。
 
身体にいい米と私の成長道程をお返しさせていただき、その対価として私のレースの活動資金にさせていただきたくお願い申し上げます。
 
米(玄米)の味には自信がありますし、体力、気力、スピードにも自信があります。
 
どうぞ応援の程、よろしくお願いしますm(__)m 

 Sumの活動を応援し「健康と勇気」を
それが「侍‘s」 

 
 Sumが丹精込め作った玄米(天日干し)品種は「ひとめぼれ」です。
 
香りは白米に近く、玄米が苦手という方に特にオススメします。味覚と嗅覚をくすぐります。「侍‘s」(Sumライス)の売上が私の活動資金になり、応援して下さる方に「感動と健康の素」をお送りさせていただきます。 
 
身体から、心から、そして魂から喜んでいただきたく願い念じます。 

以下のコースからお選びいただき、応援をお願いいたします。

侍’s
エントリーコース
¥5,000

侍’s
日本一コース
¥10,000

侍’s
世界一コース
¥30,000

無肥料無農薬農法(発酵型農法とは) 

 今現在、日本の一般的と言われる農法は「腐敗型」であることを最初にお伝えしておかなければなりません。ご存知の方や、ピンとくる方もいらっしゃると思いますが、農業指導や購入から販売まで一貫してらっしゃるところは化学肥料や虫を防除する農薬を当たり前のように農家に斡旋し使用させており、また、その方法に従って耕作しているのが現状です。私が実践している農法はそれとは違う「発酵型」でお米を栽培しております。 

○腐敗型農法とは 

「動物性の肥料を入れる」→「腐敗して土に浸透していく」→「腐敗した土をミミズが食べる」
(ミミズがいるからいい土ではなくミミズがいるから土が腐敗している)→ 
「腐敗した土で野菜が育つ」→「色んな虫がそれを食べにくる」→「農薬をまく」→「肥料」 
※例えるなら、臭うものに強い芳香剤で対処する様なもの 

○発酵型農法とは 

「肥料は入れない」→「土に発酵菌が多く宿る」→「発酵して土に浸透していく」→ 
「土が発酵するのでミミズがいなくなる」→「菌がふかふかの土を作っていく」→ 
「雑草の種も菌が食べるので雑草が生えにくくなる」→「発酵した土で野菜が育つ」→ 
「腐敗の要素が無いので虫が寄らない」→「農薬をまく必要が無い」 

 世界一農薬を使う国は「日本」と言われています。ご存知でしたか。 
標的のように「中国」と言われておりますが中心部の一部であって地方では使っていないのが事実のようです。情報を選択する力も育まないといけない時代ですね。話は変わりますが、「世界五大健康食品」のヨーグルトとキムチは発酵食品ですね。腸の大切さを見直されている時代、発酵の力はとても重要に感じます。また五大食品のひとつ、日本の大豆も納豆に調理されて発酵食品として活躍しています。身体が資本、健康が資本です。 

以下のコースからお選びいただき、応援をお願いいたします。

侍’s
エントリーコース
¥5,000

侍’s
日本一コース
¥10,000

侍’s
世界一コース
¥30,000